【UBER EATS初日の成果報告】こんな最高なバイト他にはない‼︎
スポンサードリンク

UBERの登録を済ませてから1ヶ月ほど経過してしまいましたが、重い腰を上げてやっとUBERデビューができました。

本記事では初日の成果や感想を書いていきます。

 

初日の成果

初日なのでグーグルマップの扱い方などに若干戸惑いましたが、なんとか無事に働き終え帰宅することが出来ました。項目別に見ていきましょう。

稼働時間

家を出たのが11:20で帰宅したのが18:50くらいでした。その7時間30分の間でのアプリのオンライン時間は4時間48分です。

スマホの充電100%で出発したものの電池の減りが異常に早く、後半は一件配達が終わるたびに充電→30%充電できたらまた一件という具合に、非常に非効率な配達となってしまいました。

次回からは携帯用充電器につなぎながら自転車にスマホが取り付けられるようにカスタムするつもりです。

 

乗車数(配達件数)

オンラインは4時間48分での乗車数は11でした。単純計算、26分に1件のペースで配達したことになります。

そのうち1ピック2配達は1回だけでした。

 

収益

配達による初日の純粋な収益は、¥5,770でした。

そこに、ブーストの¥173とプロモーションの¥400、¥800を足して合計で¥7,143が初日の成果になります。

オフライン(4時間48分)で時給換算すると、時給¥1,488

出勤から帰宅まで(7時間30分)で時給換算すると、時給¥952

初日でこれはまずまず良いのではないかと思います。もっと慣れてくれば効率よく収益を上げることが出来そうです。

 

配達地域

目黒区からスタートし、そのあとは港区の広尾→三田→芝→品川区の西五反田→戸越→北品川→東大井→南大井...

最終的には自宅から徒歩の道のりで言うと7.5キロも離れてところへ来てしまいました。

そこから純粋に自転車で帰宅したのですが、それだと無駄に感じました。帰ることを想定して段々と自宅に近いエリアまで配達しながら戻って切ったいのですが、いまいちそのやり方がわからなかったです。

知っている人いたら教えてください。

スポンサードリンク

全体的な感想

UBER EATS初日を終えての雑感としては、「今までやったバイトの中で1番楽しくてラクでストレスもないな」って感じです。

上司がいないというのは本当に最高ですね。誰かから怒られたり文句を言われるタイミングがほぼほぼありません。

あとは自由度の高さ。

いつ初めてもいつ終わっても良い。服装髪型全て自由。素晴らしすぎます。

 

今後も継続的にUBER EATSの配達ログを残していくつもりです。

以上、初日の報告と雑感でした。

スポンサードリンク
おすすめの記事