ZOZOTOWNおまかせ定期便の販売員を調査してみた
スポンサードリンク

 

今回は、いま話題の「ZOZOTOWNおまかせ定期便」の「コーディネートを考える販売員(アルバイト)」に焦点を当てます。

おまかせ定期便とは

知らない人のために軽く説明すると、顧客の好みや体系を分析し、50万点以上の商品の中からその人に合うアイテムを5〜10点厳選して送られるサービスです。(返品無料)

主に、服にあまり関心がなくどうコーディネートしていいかわからない人や、実際に店舗に行く暇やコーディネートを考える時間のない人、アパレル店員の接客が苦手だという人の利用が考えられます。

公式サイトのリンク http://zozo.jp/teikibin/

 

販売員の具体的な業務内容は?

気になる業務内容ですが、おまかせ定期便の利用者のコーディネートを実際に考え、そのコーデの解説(説明や着こなし方)を文章にするのが仕事です。

その他のポイントとしては

在宅で自分のPCを使って仕事が出来ること。

1案件¥600で売り上げに応じた成果報酬があることがポイントです。

言ってしまえば、実店舗で働くアパレル店員さんの仕事の一部を在宅で、PCで完結してしまうということです。

個人的には非常に面白いムーブメントだと思います。いよいよ実店舗で服を買う人がいなくなるのではないでしょうか?

 

売員として働くためには?

在宅スタイリストとして働くためには、スタートトゥデイのWEB書類選考と業務講習を突破する必要があります。応募資格は

  1. 3日連続で業務講習に参加できる方
  2. 基本的なPCスキルがあり1分間で100文字程度のタイピングが出来る方。
  3. 自宅にPCとネット環境がある方。

この3つが最低条件になります。

さらに、スタイリスト、そのアシスタント、アパレル店員経験者と服飾専門学生は優遇されます。

スポンサードリンク

WEB書類選考で聞かれること

名前や生年月日がどの基本情報以外で何が聞かれるかというと、

  • 最終学歴とその学校名
  • 職歴
  • 自身の証明写真のアップロード
  • 自身のSNSアカウント
  • 課題×2(コーディネートとその紹介文作成)

下2つが特徴的ですね。アルバイトの選考としてはかなり本格的です。

しかし、ブログやtwitterで選考の合否を報告している人を探しても、通った人は沢山見かけますが、落ちた人は一人も見つかりませんでした。

意外と狭き門ではなさそうです。



販売員を顧客にしようとしている?

こんな面白い意見もありました。

1件600円という安い?単価で服が好きな人を雇い、顧客のコーディネートという名目で長時間ZOZOTOWNのページを見させる。。。

するとおそらく販売員は、服を買うようになる。

600円という単価が安いのか高いのかは諸説ありますが、確かにZOZOTOWNの滞在時間が長くなり、自分の好きな服に出会ったら買ってしまいますよね。

もしここまで狙っていたのなら、それはそれで流石とといった印象です。

いかがでしたでしょうか。今回はZOZOTOWNのおまかせ定期便の販売員について特集しました。

最後に、本件に関する動画を置いておきますので、ぜひご覧ください。

↑在宅ワークの考察動画です。

スポンサードリンク
おすすめの記事