スポンサードリンク

youtuber ヒカルがVALUで炎上しましたが、「そもそもVALUって何?」って思ってる人多いのではないでしょうか?今回はそんなVALUについてわかりやすくお話します。

私も最初はVALUの詳細が分からず、色々調べたのですが、細かく説明すると余計わからなくなると思うので、シンプルにいきます。

VALUとは「個人で(あなたでも)株式会社のように株式(VA)を発行して資金を集めることが出来る仕組み」です。

そして個人は(あなたでも)他の人が発行したVA(株式のようなもの)を買って、それを売ることもできます。本物の株式のように価値がその時その時で変わります。(値動きがあります)。

ここで皆さん疑問に思うと思います。「自分がVAを買って、買った時よりも高い値段でそのVAを買ってくれる人が現れたら売る→その利益って現金とかになるの?」

答えは、なりません。VAの取引はビットコイン(仮想通貨の1つ)を用いて行われるからです。ビットコインの状態でもモノやサービスを買うことが出来ますが、日本ではまだ使えるところは少ないです。しかし、ビットコインは日本円に換金することが出来るので、「VA→円=×」ですが、「VA→ビットコイン→円=◯」ということになります。(ビットコインの価格の日々変動しています)。

また、自分が他人の発行したVALUを買うと、どんなメリットがあり、どのようなことが影響して価値が(株価が)高下するのか。気になりますよね。

VAを発行した人が自分のVAに付加価値をつけることが重要です。例えば

・自分のVAを買ってくれた人(VALUERと言います)にだけ限定コンテンツを公開

・自分が発売する予定だったTシャツをVALUERにだけ先行販売

 

こうした特典をつけることで、VAに価値が生まれ、VAが欲しい人が出てくるわけです。(欲しい人の数が増えれば当然VAの価値(価格)が上がります)。

ここで皆の疑問をもう一つ。「本当に誰でも(私でも)始められるの?」これについても答えは×です。条件があります。

VALUのアカウントを作るには、Facebookのアカウントが必須です。さらに、アカウントを作成したら、フォロワー100人以上のFacebook、Twitter、Instagram等の自分のアカウントを連携させることで、晴れて自分のVAが発行できる。このようなルールになっています。

つまり、これらのSNSでフォロワーが100人以上いるアカウントを持ってない人は、VAを発行することが出来ません・・・

そして連携されたSNSのアカウントのフォロワーの数等を参考にし審査され、自分のVAの価値(一番最初の価格)が決まります。

 

いかがでしたでしょうか。非常に興味深いサービスが動き出しましたね。自分個人の価値を高めれば高めるほど自分の発行したVAの価値が上がるのですから、やり方次第で大金を手にすることだって出来るわけです。

良い大学を出てないから大企業に就職出来ない(年収が低い)とかそういった過去の経歴を無視して、どんなコンテンツ、メディアでも自分を売り込むことが出来れば、一発逆転が可能ということです。夢がありますよね。私ももう少し勉強してみて、良さそうだったらアカウントくらいは作ってみようと思います。

 

スポンサードリンク
おすすめの記事