スポンサードリンク

みなさんはチケットキャンプというサイトをご存じでしょうか?最近はテレビCMなんかもやっていたので知っている方も多いかと思います。

でもこのチケットキャンプ、2018年5月にサービス終了となり使えなくなってしまいます。

今回は、なぜチケットキャンプがサイト閉鎖に追い込まれたのかを見ていきます。

 

チケットキャンプとは、株式会社フンガ(IT大手のミクシーの子会社)が運営するチケット買売サービスサイトです。会員登録をしなければ売買を行うことが出来ず、会員数350万人を超える国内最大のチケット売買サービスでした。

このような大きなサイトがなぜ、閉鎖に追い込まれたのでしょうか。

理由①チケット高額転売問題

自分で行く目的でなく転売を目的として人気コンサートやスポーツのチケットを買い、定価以上の価格で転売して利益を得ている「転売屋」の存在が一番の理由です。

このような転売は何もチケットに限ったことではありませんんが、転売屋がチケットキャンプ内で幅を利かせ、「チケット高額転売の温床」になっている点が問題視され、警察の家宅捜索を受けました。チケットキャンプ自体が悪いことをしたわけではないので、少しかわいそうです。

 

理由②商標権法違反!?

どうやら、サイト内の表示でジャニーズ事務所の商標権を侵害していたようです。具体的には、

ジャニーズ事務所は「ジャニーズ」という文字列で「興行場の座席の手配」のサービスについて商標登録をしているのでサイト内の「ジャニーズ通信」の運営や、「ジャニーズチケット」と記載されたバナー広告の表示も商標権侵害の可能性がある。(出典:東條岳弁護士)

 

以上2つの理由から、サイト閉鎖を余儀なくされたんですね。ここからは「転売屋」にスポットをあてます。

 

世の中には沢山の転売屋がいます。チケットや人気スニーカー、人気ブランドの衣類、福袋の中身・・・

しかし中でも一番反発され、問題視されているのは、チケット転売です。なぜなのでしょうか。

理由は、「そのチケットを買いたい」という強力な感情がそうさせているのだと私は思います。人気アーティストのチケット、人気スポーツの例えば決勝戦などのチケットを買いたい人の心理は「絶対にこれじゃないといけない」という強い気持ちがあるんですよね。

他のものでは代用できない、「絶対にこれに行きたい」という強い感情ですね。

対して、転売屋はPCからクリック1つでそのようなチケットを狙っています。当然、転売屋との競争に敗れた本当に行きたかった人たちは「転売屋がいなければ自分が行けたかもしれない」あるいは「行くつもりがないのに高額転売していて、許せない」という感情になります。

逆に、チケット以外のものに関してはどうでしょうか。

スニーカーに関しては、好きな人は本当に好きなんでしょうが、どうしてもそのような人は少数になりますし、チケットと違って店頭でも変えるため、人気スニーカー転売のために朝から並んで抽選で当たって転売する人もいます。チケット転売とは違い「実際に足を運んで並んでいる」という、一応転売のために労力を使うことがある点も、そこまで世間から批判の対象にならない理由だと思います。

 

いかがでしたでしょうか。今回はチケットキャンプのサイト閉鎖と高額転売問題に焦点をあてました。私も、転売屋のせいで買えなかったものがたくさんあります。転売屋がいなくなること、高額転売がさらに規制されることを願っております。

最後にチケットキャンプと高額転売に関する動画を置いておきますので、ご覧ください。

https://youtu.be/VDK4z88o_EA

↑今回の警察の宅捜索や商標法違反について詳しく解説しています。

https://youtu.be/P3GIccvyL04

↑チケットキャンプ絡みのトラブル体験談(前編です)

https://youtu.be/TUmKEKxYMkQ

↑後編です。

スポンサードリンク
おすすめの記事