スーパーフードとは~オーガニックと何が違うの?~
スポンサードリンク

スーパーフード、オーガニック、スローフード・・・

最近、食に関するこのような新しい言葉をよく耳にしますよね。

今回はその中でもスーパーフードに焦点を当ててレポートしていきます。

まずスーパーフードの定義ですが

 ・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

・一般的な食品とサプリメントの中間に来るような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。(出典:日本スーパーフード協会)

要するに、栄養価の高いものの事をスーパーフードと呼んでいて、明確な決まりはありません。

次に、スーパーフードの発祥についてですが、80年代のアメリカ・カナダで生まれました。もともとは食事療法を研究する専門家たちの間でそう呼ばれ始めました。

一般人の間にこの言葉が広まったキッカケは、2004年に出版された著書、「スーパーフード処方箋~あなたの人生を変える14の食品~」です。

アメリカで流行るものは順次日本でも流行りますので、モデルや芸能人のSNSを通じて瞬く間に日本にも広まりました。

では、具体的にどのような食材がスーパーフードなのでしょうか。日本スーパーフード協会は次の10種を「プライマリースーパーフード10」と定義しています。

スピルリナ/マカ/クコの実/カカオ/チアシード/ココナッツ/アサイー/カムカム/ブロッコリースーパースプラウト/麻の実

・スピルリナ:地球最古の藻の一種。料理や飲み物、デザートに混ぜて食べられる。
・マカ:鉄分、カルシウム、ミネラルを多く含む。
・クコの実:杏仁豆腐の上に乗ってるやつです。ビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールが豊富。
・カカオ:チョコレートでおなじみのカカオ。集中力やリラックスに効果あり。
・チアシード:こんにゃくに含まれる食物繊維を多く含みます。
・ココナッツ:天然のスポーツドリンクと呼ぶ人も多い。主にドリンクで提供されます。
・アサイー:最近すごく流行ってますね。アントシアニンが豊富。
・カムカム:ビタミンC保有量世界1。飲み物やヨーグルトで食べられる。
・ブロッコリースーパースプラウト:新世代のスーパーフードです。全体的に栄養価が高いが、中でもスルフォラファンが多い。
・麻の実:リノレン酸とタンパク質が豊富。雑穀の一種で、ふりかけにも良く含まれている。

あまりなじみのある食材はないですよね。これとは別に「日本のスーパーフード5種」があります。納豆、味噌、梅干し、甘酒、緑茶の5つだそうです。これらは説明する必要はありませんね。

では、オーガニックとスーパーフードはどう違うのでしょうか。

オーガニックとは、有機栽培で作られたものを言い、肥料や農薬の力を借りて育ったものはオーガニックを名乗ることはできません。オーガニックフードは特に具体的な食物の事は指しません。

いかがでしたでしょうか。皆さんもいつもの食生活の一部にこれらを取り入れてみましょう。

最後に、スーパーフードに関する動画を置いておきますので、見ていってください。

https://youtu.be/Cpu7wQJY0HU

↑チアシードダイエットの紹介動画です。

https://youtu.be/vmVcuR11m4E

↑スーパーフードミックスをヨーグルトと摂る料理動画です。

 

スポンサードリンク
おすすめの記事