スポンサードリンク

Amazonプライムビデオ限定コンテンツ、松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」をご存じでしょうか。テレビCMやネット広告でも頻繁に出てきますので、存在自体は知っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、今話題のドキュメンタルについて掘り下げていきます。

まず、簡単なルール説明ですが

  1. 松本人志が事前にオファーした芸人で、それを承諾した10人が参加する
  2. 参加者は、100万円を持参する。
  3. 密室で10人の芸人同士が互いを笑わせあい、笑ってしまったら退場。
  4. 制限時間6時間で、最後まで笑うのを我慢して残った芸人1人が1000万円獲得。

もっと簡単に説明するなら、年末のガキ使の笑ってはいけないのガチバージョンと言ったところでしょうか。

現在シーズン4まで公開されていますが、どの回も最高に面白かったです。テレビでは絶対できない番組だと思いました。

回数を重ねるごとにルールも改良されていき、シーズン2からは「ポイント制」が導入され、6時間経過して複数人の芸人が残っている場合は、その中でより人を笑わせた人が優勝となりました。つまり、笑うのを我慢しているだけでは勝てず、積極的に人を笑わせにいかないと(攻めないと)優勝できない仕組みとなりました。

また、シーズン3からは、脱落した芸人が「ゾンビ」となって登場し、残った人を笑わせることが出来る「ゾンビルール」も導入され、面白さに拍車がかかりました。ちなみに、6時間以内に参加者全員が笑って退場になった場合は、ノーコンテスト扱いとなり、全員に参加費の100円が返還されます。そのため、自分の100万円を取り戻すためにゾンビも本気で笑かしに行きます。

主催者兼レフェリーの松本人志は、毎回自腹で100万円を出しています。つまり、勝った人は自分以外の9人の100万円+自分の100万を取り戻す+松本人志の100万を獲得し利益が1000万になるということです。

個人的なドキュメンタルの見どころですが

  1. TVじゃ絶対できない演出
  2. 100万円が懸っているため全員本気のガチサバイバル
  3. いったい「笑い」とはなんなのか、を本気で考えさせられる
  4. 純粋に出場者が1流芸人ばかりで単純に面白い

ドキュメンタルはAmazonのプライム会員でなければ見ることが出来ませんが、年会費3900円で様々なドラマや映画が見放題になるほか、その他の特典もいっぱいあるので、まだ加入してない人がいるなら是非加入してみてください。

プライムビデオについては過去にも記事を書いているのでよかったらこちらも↓ご覧ください。http://aokawakeito.com/amazon-prime-video

ネットコンテンツのため、テレビの規制から解放された芸人たちが暴れ回ります。当然編集で「ピー」が入ることはありませんし、モザイクも本当に映してはいけないところのみギリギリにかかる程度なので、モザイクの使い方1つをとっての面白いです。

そして、100万円自腹を切っているので、全員が本当に本気なんですよね。中には100万円の負担が厳しい芸人もいますから、まさに死闘です。

そして、シーズン2の最後の局面になるのですが、残り10分で2人が残った場面「こいつを笑わせれば1000万」のシチュエーションなのですが、圧巻でしたね。感動すらしました。

 

いかがでしたでしょうか。「お笑いが好きだ」という方は見ないと絶対後悔すると思うので是非とも視聴をお勧めします。

最後に、ドキュメンタルに関する動画を数本おいておきますので、そちらもご覧ください。今後は、ドキュメンタルをシーズン別に掘り下げ、各芸人の立場や年収に焦点を当ててレポートする予定なので、そちらもご期待ください。

↑公式の告知動画です。

↑他人に厳しいシバターもドキュメンタルを絶賛しています。

スポンサードリンク
おすすめの記事