Barbourのイメージ、価格帯、年齢層まとめ-ヴィンテージが大人気‼︎
スポンサードリンク

今回はメンズファッションブランドの「Barbour」(バーブァー)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

Barbourのイメージ

  • 元々イギリスのアウトドアウェアブランド
  • ハンティング、フィシング、乗馬などのウェアも手がける
  • オイルドジャケット「BEDALE」

 

1894年、イングランドはサウス・シールズで創業。当時は漁師や港湾労働者のために耐久性の高い防水ジャケットなどを提供していた。

次第に英国の上流階級のレジャーウェアも手がけ、現在はタウンユースできるアイテムも作っている。

特に有名なアイテムは伝統的なオイルジャケットです。ビーコンオイルで塗られたジャケットは防水性と通気性に定評があります。代表作は元々乗馬のために作られた「BEDALE」。

Barbourの価格帯

では、何点かアイテムを見ていきましょう。

アイテム1

アイテム1の2
引用:zozotown

ヴィンテージBEAUFORT ¥17,064

元々はゲームハンティング用に作られたBEAUFORT。

尋常じゃないくらい味がある。

 

アイテム2

引用:zozotown

BEDALE SLピーチスキンジャケット ¥36,720

こちらは新品でオイルド仕様ではない。

人気のあるBEDALEがまさにこれである。

 

引用:zozotown

LIDDASDALE SL WOOL ¥39,960

キルティングジャケットを現代的にアレンジ。

ウールと襟のコーデュロイが温かみを演出。

 

引用:zozotown

フーデットBEDALEジャケット ¥59,400

BEDALEのフードがついたタイプ。

ナイロン生地で取り扱いしやすい。

スポンサードリンク

アイテム4

引用:zozotown

×TOMORROWLAND BEDALE ¥63,720

TOMORROWLANDとのコラボ版BEDALE。

生地には艶感がありどこか上品さを感じさせる。

裏地のチェック柄もたまに見える。

 

アイテム5

引用:zozotown

タータンスカーフ ¥6,480

こちらも定番のうちの一つのチェック柄のウールマフラー。

BEDALEの裏地のチェックと合わせることも可能。

 

価格帯の総評

いくつかアイテムを見てわかる通り、結構高めであると言えます。

イギリスの上流階級に人気があるブランドなのでそれ相応の値段はします。

Barbourの年齢層

価格帯が高めであることから、30台以上の男性がメインターゲットです。

若い人にはあまり認知されていないです。

動画で学ぶBarbour

最後に、Barbourに関する動画を置いておきます。

↑ヴィンテージのBarbourショップに行ってみたという内容です。

 

↑WEGOのスタッフがBarbourについて語っています。

スポンサードリンク
おすすめの記事