2018年J1リーグ順位予想・展望
スポンサードリンク

 

 

早いもので今年も2/23(金)にJ1リーグが開幕します。今シーズンは1試合は必ず金曜日開催となります。(DAZNの要請で)

また、今シーズンのDAZNのスタメン紹介の映像は、プレミアリーグなどによく見られる選手が腕を組む映像が使われるそうです。テンション上がりますね。

そこで今回はちょうどJリーグの選手名鑑が発売されたということで、順位予想をしていきたいと思います。

 

次回以降は、各クラブの詳細分析記事になっておりますので、是非見ていってください。

 

私が順位予想する上で確認する項目は、以下の点です。

  1. 所属選手の質と量(能力)→60%
  2. 監督のクオリティ(経験・実績等)→15%
  3. 展開するであろうサッカーの質→10%
  4. その他の要因→10%
  5. 主観→5%

これらを合計して100点を満点として、1番点数の高いクラブが優勝とします。

 

では早速、予想順位の方を公開します。

 

1位浦和レッズ(幅:1~5位)
ーーーーー来季ACLストレートインーーーーー
2位川崎フロンターレ(幅:1~8位)【ACL有り】
3位セレッソ大阪(幅:1~10位)【ACL有り】
ーーーーーー来季ACLプレーオフーーーーーー
4位FC東京(幅:1位~14位)
5位ガンバ大阪(幅:1位~14位)
6位ジュビロ磐田(幅:2位~14位)
7位サガン鳥栖(幅:2位~14位)
8位鹿島アントラーズ(幅:2位~14位)【ACL有り】
9位柏レイソル(幅:3位~15位)【ACL有り】
10位ベガルタ仙台(幅:3位~15位)
11位コンサドーレ札幌(幅:4位~15位)
12位名古屋グランパス(幅:4位~15位)
13位サンフレッチェ広島(幅:4位~16位)
14位ヴィッセル神戸(幅:4位~17位)
15位湘南ベルマーレ(幅:10位~18位)
ーーーーJ2プレーオフ勝者との入替戦ーーーー
16位横浜F・マリノス(幅:13位~18位)
ーーーーーーーー自動降格ーーーーーーーーー
17位清水エスパルス(幅:14位~18位)
18位V・ファーレン長崎(幅:15位~18位)

 

少し解説を加えます。()内の「幅」ですが、そのチームのなり得る最高順位と最低順位を意味します。

 

よって、優勝の可能性があるのは上位5チームまで(ガンバまで)と私は考えているという事になります。

 

そして、降格の可能性があるのは13位以下のサンフレッチェからという事になります。

 

今シーズンからは下位3チームが自動降格にならず、J2の3位〜6位のプレーオフの勝者との入替戦があります。

また、来シーズンのACL出場権に関しては、近年は1位と2位と天皇杯王者が本戦からの出場で、3位がプレーオフからというレギュレーションでしたが、

今シーズンからは本戦から出れる枠が1つ減り、1位と天皇杯王者の2チームのみが本戦から、2位と3位はプレーオフに回ることになります。

 

 

いかがでしたでしょうか、今回は2018年J1リーグの順位予想をお届けしました。

次回は、順位が上のクラブから順番に、その順位をつけた理由をお話ししていきます。是非ご覧ください!

スポンサードリンク
おすすめの記事