ChatGPTとは?

Tech

 オープンAIが発表したChatGPTは、複雑な会話に参加できる画期的な長文質問応答AIとして登場した。その卓越した品質は、質問の背後にある人間の意図を理解する能力にある。

そのユーザーは、人間並みの品質の回答を提供するその驚くべき能力を賞賛している。彼らは、最終的には人間とコンピュータの相互作用を再構成し、情報検索のプロセスに革命をもたらし、現代の検索エンジンの重要性に匹敵するものになる可能性があると推測している。

ChatGPTについてどのくらい知っていますか?

ChatGPTは、OpenAIが開発したGPT-3.5モデルをベースとした高機能チャットボットです。卓越した会話能力を誇り、人間の対話に近い応答を返します。また、ChatGPTはフランス語、日本語、韓国語などの多言語に対応しています。日本語をご希望の方は ChatGPTジャパンのサイト.

ChatGPTの主な機能は,大規模な言語モデルとして,単語列の中で後続の単語を予測することです.さらにChatGPTは、人間のフィードバックによる強化学習(Reinforcement Learning with Human Feedback: RLHF)という学習プロセスを追加しています。これは、ChatGPTが指示を理解し、人間の期待に応える応答を返す能力を効率化するために、人間のフィードバックを採用したユニークなレイヤーのトレーニングです。

誰がChatGPTを作ったのですか?

サンフランシスコを拠点とする著名な人工知能組織OpenAIは、ChatGPTの構築で知られている。この会社は、非営利団体であるOpenAI Inc.の親会社の傘下で機能し、一方で営利部門であるOpenAI LPとして運営されています。

 

OpenAIは、人工知能におけるその画期的な仕事、とりわけ『DALL-E』で高い評価を得ている。この独創的なディープラーニング・モデルは、プロンプトとも呼ばれるテキストの合図に基づいて画像を生成することができる。

 

この企業を率いるのはCEOのサム・アルトマンで、元Yコンビネーターのプレジデントを務めていたテック界に影響力のある人物である。

 

Azure AI Platformの開発は、OpenAIとマイクロソフトの共同作業であり、マイクロソフトは戦略的パートナーであるだけでなく、10億ドルという多額の出資者でもある。

大規模言語モデル

ChatGPTは実質的言語モデル(LLM)の一種であり、膨大な情報を使って学習される。この訓練は、文やテキストの文字列の中で次の単語を正確に予測することに向けられている。このような言語モデルのタスクに対する有効性は、学習データの量が増えるほど高まることが分かっています。

 

スタンフォード大学の報告によれば、「1750億のパラメーターを誇るGPT-3は、570ギガバイトのテキストデータで学習された。この規模の拡大がモデルの性能を根本的に変えた。現在、GPT-3は、英語からフランス語への翻訳など、明示的にトレーニングされていないタスクを、トレーニング例がほとんどなくても実行できる。このレベルの性能はGPT-2にはほとんど欠けていた。さらに、GPT-3は、いくつかのタスクについて明示的に訓練されたモデルを上回るが、しかし、他のタスクでは性能が劣る。”

 

LLMはオートコンプリートのようなものだが、その規模ははるかに大きく、文中の次の単語を予測したり、次の文を決定したりする。段落や記事全体のコンテンツを生成する能力もある。しかし、LLMには限界があり、人間の意図を完全に理解できないことが多い。

 

ChatGPTは、強化学習と人間フィードバック(RLHF)を使って、この最先端の分野で前進しています。この無料の言語モデルを試してみたい方は ChatGPT無料ウェブサイト(ログイン不要)が理想的な選択でしょう。

ChatGPTの欠点

有害な反応を許さない

ChatGPTは、危険または攻撃的な応答を生成しないように意図的に設計されているため、そのような性質の問い合わせには意図的に応答しないようにしています。

回答の質の指導の質への依存性

ChatGPTの有効性は、質問された指示の妥当性と明確さに大きく左右されます。その結果、的確で明瞭な指示は、より満足のいく回答をもたらします。

誤解を招く回答を得る可能性

ChatGPTは、人間のクエリーパターンに対応するように設計されているとはいえ、表面的には事実上正しいように見える回答でユーザーを誤誘導することがあります。多くのユーザーが、欠陥のある回答、それも著しく不正確な回答を受け取ったと証言しています。

 

この難問は、コーディングの質問と回答のウェブページであるスタックオーバーフローのモデレーターによって鮮明に示された。

 

ChatGPTからの回答が殺到した結果、不正解が大量に発生し、自発的なモデレーターパネルに大きな負担がかかることになりました。その結果、サイト管理者は、ChatGPTによって生成された回答を投稿するユーザーを一時的に禁止しました。

 

今号は、このタグが付けられたアップデートの動機となった:「一時的なポリシー:これは、ChatGPTが作成したコンテンツの流入を制御することを目的としたもので、これらの回答は説得力があるように見えるかもしれませんが、その正確性は一般的に低いという根本的な問題があります。

 

この苦境は、Stack OverflowのモデレーターがChatGPTの誤解を招く回答について観察したもので、ChatGPTの開発者であるOpenAIは、この技術を発表する際によく認識し、対処している。

ChatGPTの限界に関するOpenAIの開示

OpenAIは発表の中で、この制限をこう明かした:

 

“ChatGPTは時折、もっともらしく聞こえるが誤りや無意味な返答をすることがある。

 

RLのトレーニング中にグランド・トゥルース(真実の根拠)がないこと、注意深く訓練されたモデルが解決可能なクエリへの応答を拒否するリスクがあること、理想的な応答は、監督を行う人間のデモンストレーターの知識ではなく、モデルの意識に依存するという事実を考慮すると、これらの懸念に対処することは困難である。”

ChatGPTの活用法を探る

ChatGPTジャパンは、コードを書いたり、詩を書いたり、歌や短い物語を作ったりすることができます。驚くべきことに、ChatGPTはインストラクションに忠実であるため、単なる情報リポジトリにとどまらず、特定のタスクを実行できる貴重なツールとして再位置付けされています。

 

ChatGPTは様々なテーマのエッセイを作成するのに非常に便利です。記事のアウトラインや本格的な小説を作成するためのデバイスとしても効果的です。基本的に、ChatGPTはテキストベースの返信を必要とするあらゆる命令に対応することができます。

 

ChatGPTを搭載、 ウェブサイトHIX.AIは、あなたのライティング要求に応える、最もパワフルでオールインワンのAIライティングコピロットです。効果の高いランディングページ、啓発的なブログ記事、説得力のあるマーケティングコピーなど、HIX.AIはあなたの様々なライティングニーズを満たします。

AI言語モデルはグーグル検索に取って代わるか?

GoogleはLaMDAという印象的なAIチャットボットを開発し、Googleのエンジニアが感覚を持つことを宣言したほど、リアルな会話を提供しています。また、HIX.AIのHIX Chatのような優れたAIチャットボットも市場に出回っている。GPT-3.5/4の機能を活用し、最新のインターネット・データによって強化されたHIX Chatは、ChatGPTの精度と有用性を凌駕するコンテンツを提供する一方で、より費用対効果の高いソリューションを提供しています。

 

無数のクエリに答えるこれらの洗練された言語モデルの能力を考えると、OpenAI、グーグル、マイクロソフトのような技術大手は、いずれ従来の検索をAIチャットボットに置き換えることができるのではないかと考えるかもしれない。

 

ツイッターはすでに、ChatGPTがグーグルの後継者になるという予測で盛り上がっている。Q&Aチャットボットが将来Googleを簒奪する可能性は、検索マーケティング分野の専門家にとって大変なことである。

 

この問題は、広く知られているフェイスブックのSEOSignals Labのようなオンライン検索マーケティングフォーラムで白熱した議論を呼び起こし、検索ナビゲーションが検索エンジンからチャットボットにシフトする可能性を誰かが口にした。

 

ChatGPTの現在のバージョンでは、最終的にクレジットを購入する必要があるようです。

結論

先に述べたように、ChatGPTは、最終的には一般利用のための有料サブスクリプションが必要となるプラットフォームとして機能すると予測されている。驚くべきことに、ChatGPTは公開後5日間で100万人以上の登録ユーザーを迎えました。

 

See also  iPhoneからAndroidへ位置情報を共有する方法
Rate article
Add a comment