レストランロボットはメリットばかりではない!導入時の注意点も理解しておくことが大切

Tech

レストランロボットを導入すると、お客様をテーブルまで案内してくれたり、食事をお客様のテーブルに配膳したり、食べ終わった食器を下げたりしてくれます。

そのため、スタッフの負担が軽減できるので、レストランロボットを導入するメリットは大きく感じられます。

しかし、レストランロボットの導入は良いことばかりではありません。

デメリットもしっかりと理解した上で導入を検討することが大切です。

この記事では、レストランロボットを導入する際の注意点をご紹介します。

 

レストランロボットを導入する際の注意点

 

導入コストがかかる

 

レストランロボットを導入する場合は、本体を購入またはレンタルするため、初期費用がかかります。

レストランロボット本体の価格は、メーカーや製品によって異なりますが、150万円から300万円程度かかります。

2台以上を導入する場合は、500万円以上必要になります。

レストランロボットを導入後、使う機会が多く長く使えばお得になりますが、初期費用が高額なことは理解しておきましょう。

 

店舗によっては改装が必要になる場合がある

 

店舗環境が理由で、配膳ロボットを導入できないことがあります。

例えば、配膳ロボットが十分に通過できない幅が狭い通路や、段差がある店舗であると、配膳ロボットが使えません。

その際は、配膳ロボットが使える環境を整えるための改装が必要になり、かなりの費用がかかります。

 

ちなみにORIONSTARのレストランロボットの場合、通路幅は75㎝以上で、店舗面積は100平方メートル以上が導入の最低限の条件となっています。

 

定期的なメンテナンスが必要になる

 

レストランロボットは、機械なので定期的なメンテナンスが必須です。

ロボットのメンテナンスには専門的な技術が必要になるため、外部の専門企業に依頼することになり、コストがかかります。

レストランロボットの導入で人件費が削減できても、違う部分の経費がかかることは理解しておきましょう。

 

レストランロボットならORIONSTARのLuckiがおすすめ!

レストランロボットを導入する際の注意点を理解した上で、導入を決定したなら、ORIONSTARのLuckiを選ぶのがおすすめです。

Luckiは、お手頃な価格で導入でき、店舗内の配膳効率をアップしてくれます。

さらに配膳以外にも、様々なモードが搭載されており、店外での集客やおすすめメニューのPR、テーブル案内など、1台で何役もの仕事を担ってくれるため、レストランによる人手不足を解決にも最適です。

レストラン ロボットについて、詳しく知りたい方は、ORIONSTARの公式サイトをチェックしてみてください。

See also  Fit & Sound: The Art of Choosing Exercise Earphones
Rate article
Add a comment