ソーラーパネルの最適な設置角度とは|角度を自由に調整できるソーラーパネルもご紹介

ソーラーパネル Tech

ソーラーパネルを屋根に取り付ける時、発電量を良くするための最適な角度が存在します。効率よく電気を貯めるには、どの向きにすれば良いのでしょうか。今回の記事では、ソーラーパネルの最適な角度についてご紹介します。

■ソーラーパネルの最適な角度

早速、ソーラーパネルを取り付ける上で最適な角度についてご紹介します。

◆一般的には南向きの傾斜角度30度

ソーラーパネルの最適な角度は、一般的には、南向きの傾斜角度30度と言われています。太陽光が当たりやすく、効率よく発電することができます。屋根の形が特殊でない限り、取り付け可能の傾斜角度です。

◆地域によって開きがある

実は、ソーラーパネルの最適な角度は、地域によっても開きがあります。日本国内でも緯度が異なるためです。

◆北海道の場合は傾斜角度34.8度

日本で一番北にある北海道の場合、ソーラーパネルの最適な角度は、傾斜角度34.8度と言われています。しかし、最終的には業者から正確なシミュレーションを行ってもらうことが大切です。

◆沖縄の場合は傾斜角度17.6度

日本で一番南にある県の沖縄県の場合、ソーラーパネルの最適な角度は、傾斜角度17.6度と言われています。しかし、最終的には業者から正確なシミュレーションを行ってもらうことが大切です。

■Jackery(ジャクリ)のソーラーパネルなら角度を自由に調整できる

ソーラーパネルを屋根に取り付ける場合、設置する際に最適角度がありますが、Jackery(ジャクリ)のソーラーパネルの場合はコンパクトで持ち運びができるので、ひかりの角度に合わせていつでもパネルの向きを自由に調整できるので、最適の設置角度にこだわらなくても大丈夫です。また、工事&複雑なメンテナンスも不要で、太陽光発電の初心者にピッタリです。蓄電池の役割を果たしているポータブル電源とセットで使うのがおすすめです。

家で使う以外にも、キャンプや車中泊などの、アウトドアシーンでも活躍します。ソーラーパネル蓄電池を導入されたいなら、ぜひポータブル電源とソーラーパネルをセットにしたJackery Solar Generatorをご検討してみてください。

Jackeryソーラーパネル一覧:https://www.jackery.jp/collections/solar-panel

Jackeryソーラーパネル蓄電池セット:https://www.jackery.jp/collections/bundle

■まとめ

ソーラーパネルの最適な角度は、一般的には南向きの傾斜角度30度と言われています。しかし、Jackery製品のように、持ち運びできるアイテムの場合、最適な角度にこだわる必要はありません。

See also  ChatGPTとは?
Rate article