UNIVERSAL OVERALLのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

 

今回はメンズファッションブランドの「UNIVERSAL OVERALL」(ユニバーサルオーバーオール)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

UNIVERSAL OVERALLのイメージ

  1. アメリカの老舗ワークウェアブランド
  2. 歴史の割には日本での知名度は低い
  3. カバーオール、ワークパンツ、ショプコート

 

①1924年、アメリカはシカゴで誕生したワークウェアブランド。現地では作業着しか製造していない本格派です。

 

②歴史は古いが、DANTONやDEN DAVISに比べるとマイナーでしょう。しかし、最近日本での存在感が高まりつつあります。

 

③中でも上記の3点は人気があります。(これから紹介します)

 

UNIVERSAL OVERALLの価格帯

では、何点かアイテムを見ていきましょう。

UNIVERSAL OVERALLの商品1

出典:zozotown

↑ カバーオール ¥14,040(税込)

ヒッコリーストライプ(ワークウェアによく用いられる、白地と紺地のストライプのこと)を使用したカバーオール。

身幅は広めで着丈は短め。大きな4つのパッチポケットがワーク感を際立たせる。

ネイビー(画像)、ダークグレー、ベージュの3色展開。

 

UNIVERSAL OVERALLの商品2

出典:zozotown

↑ ショップコート ¥13,824(税込)

ワーク感を控えめに仕上げたショップコートでタウンユースしやすい。

大きめのポケットがアクセントになり、ワークウェアの名残も残している。

ブラウン(画像)、ブラック、ネイビーの3色展開。

 

UNIVERSAL OVERALLの商品3

出典:zozotown

↑ オーバーサイズワークシャツ ¥10,584(税込)

ゆったりめで着れるワークシャツ。

大きめのポケットと、フロント下方のロゴがアクセント。

ベージュ(画像)、グリーン、コバルトブルーの3色展開。

 

UNIVERSAL OVERALLの商品4

出典:zozotown

↑トラックパンツ ¥9,612(税込)

太すぎず細すぎずなシルエットのトラックパンツ。

ラインパンツでは珍しく、ジャージ素材を使っていないため、スポーツ感は薄め。

 

UNIVERSAL OVERALLの商品5

出典:zozotown

↑ デイパック ¥6,372(税込)

 軽量だが耐久性にも優れるデイパック。通勤通学にも最適。

 

ブラック(画像)、グレー、カーキ、ネイビーの4色展開。

 

UNIVERSAL OVERALLの商品6

出典:zozotown

↑ ニット帽 ¥1,944(税込)

オレンジロゴがかわいいニット帽。

ホワイト(画像)、ブラック、ネイビー、グレー、オレンジの5色展開。

 

 

 

ここまで見てわかる通り、価格は良心的と言えます。

同じワークウェアブランドのDANTONよりも例えばアウターなら1万円以上安く、BEN DAVISとは同じか若干安めの価格帯となっています。

UNIVERSAL OVERALLの年齢層

まだ日本での知名度は低いため、メインユーザーは、ファッションに詳しく、UNIVERSAL OVERALLの品質とコスパを理解している人に限られます。

しかし、価格帯と品質から考えてもこれから人気が出そうです。

大学生〜40代までの広い層から引きがありそうです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。今回はUNIVERSAL OVERALLを特集いたしました。

他のブランドの記事もございますので是非ご覧ください。

 

最後に、UNIVERSAL OVERALLに関する動画を置いておきますので、こちらもどうぞ!

↑パンツの解説動画です。非常に詳しい解説がされています。

スポンサードリンク
おすすめの記事