Timberlandのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「Timberland」(ティンバーランド)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

Timberlandのイメージ

  1. アメリカのカジュアルブランド
  2. 完全防水ブーツ
  3. イエローブーツ(ヌバック)

 

①1918年、のちにTimberlandになる靴屋がアメリカはマサチューセッツ州で開業。社名がTimberlandになったのは1973年。

 

②1973年にTimberlandという当時世界初の完全防水ブーツを発売。これを受けて、社名を変更した。

 

一時期、爆発的にTimberlandのイエローのブーツが流行りましたよね。私もこのイメージが一番強いです。後ほど詳しく紹介します。

 

Timberlandの価格帯

では、何点かアイテムを見ていきましょう。

Timberlandの商品1

出典:zozotown

↑ Timberlandアイコンシックスインチプレミアムブーツ ¥25,920(税込)

大定番であり代表作のイエローブーツです。

防水性・耐久性はもちろんですが、ウィートという色のヌバックレザーが最大の魅力。

適度なツヤがマット感、あるいは高級感を感じさせます。この独自の質感は他のブランドにはなく、Timberlandならではです。

 

Timberlandの商品2

出典:zozotown

↑ インディゴベイスボールジップアップ ¥16,740(税込)

MA-1をベースにスウェット生地で作ったブルゾン。

着心地がよく、春のアイテムとして優秀。

 

Timberlandの商品3

出典:zozotown

↑ シャツ ¥15,660(税込)

バックプリントが特徴的なシャツ。

オーバーサイズ気味に着ても良し。

ショート・ハーフパンツとも好相性。

 

Timberlandの商品4

 

出典:zozotown

↑ プレーンプレーントゥ オックスフォード ¥21,600(税込)

定番のプレーントゥシューズ。ビジネスカジュアル・タウンユース共にコーデに取り入れやすい。

アッパーはウォータープルーフになっている。素材は牛革。

 

Timberlandの商品5

出典:zozotown

↑ キリングトン ファブリック&レザー チャッカ ¥17280(税込)

キングトンシリーズから使いやすいネイビーのチャッカブーツ。

3層構造のアウトソールは軽量さ、クッション性、耐久性を兼備。

 

 

 

 

 

ここまで見てわかる通り、価格は安くはありませんが、特別高いわけでもありません。

最初に紹介したイエローブーツは間違いなくTimberlandの代表作であり、多くのファンがいます。

しかし、一時期流行り過ぎたことで、「逆にダサい」みたいに言われる事もあります。

Timberlandの年齢層

10代〜30代がメインユーザーです。流行っていた時期は高校生もよく履いていました。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。今回はTimberlandを特集いたしました。

他のブランドの記事もございますので是非ご覧ください。

 

最後に、Timberlandに関する動画を置いておきますので、こちらもどうぞ!

 

↑Timberlandのカスタムメイドの動画です。Timberlandに限らず、様々なブランドで自分だけのオリジナルシューズが今は作れるようになっています。

スポンサードリンク
おすすめの記事