SHIPSのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「SHIPS」(シップス)を特集します。

なお、SHIPSはセレクトショップであるため、自社製品でないブランドも店頭に並んでいます(例えばAPCやナイキ等)。

ここではSHIPSの自社ブランドに焦点を当てます。

また、SHIPSはBEAMS程ではないが派生ブランドが存在します(例えばSHIPS jet blueなど)。

ここでは一番メジャーな「SHIPS」を扱います。

SHIPSのイメージ

  1. キレイめカジュアル
  2. デザインがシンプル
  3. アメリカントラディショナル(伝統的)
  4. 女子ウケ良し

 

①セレクトショップ御三家の一角です。スーツ系の取り扱いもありますが、基本的にはキレイめなカジュアル中心です。

 

②デザインは基本に忠実でシンプルです。悪く言えば、個性は出しずらいでしょう。SHIPSよりも価格帯の安い「SHIPS jet blue」は個性のあるアイテムも多数あります。個人的にはjet blueの方が好きです。

 

③SHIPSは歴史が深く、それゆえにデザインに一貫性・統一性があります。言い方を変えれば、「毎年同じようなものをつくっている」とも言えるかもしれません。プライベートブランドを出すのも、セレクトショップの中ではかなり遅い方でした。

 

④シンプルなアイテムが多いため、当然女子ウケはいいです。

 

SHIPSの価格帯

1つの基準として、今までは「冬物チェスターコート」で価格を比較してきましたが、jet blueのチェスターコートしか見つからなかったため、「Pコート」で価格を比較します。

↑SHIPSの価格は¥52,920(税込)

↑EDIFICEの価格は¥34560(税込)

その差は、¥18,360です。ん〜〜ちょっと高いですね。

ユニクロだったら1万円切りますからね...

↑こちらは先ほど言及したjet blueのチェスターコートです。

価格は¥22,896です。こっちの方が現実的な値段ですね。

スポンサードリンク

SHIPSの年齢層

年齢層は、結構な高価格帯になるので、30代以降が多い印象です。

逆にjet blueに関しては学生も手がとどく価格のため若い人が多い印象です。私もSHIPSの店舗に入っても観るものはjet blueが中心です。

品質もデザインも個人的には好きですね。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回はセレクトショップ御三家に一角「SHIPS」を特集しました。

他のブランドの記事も書いているので是非ご覧ください。

最後に、SHIPSに関する動画を置いておきます。ご覧ください。

↑ファッションyoutuberのげんじがSHIPSの白Tシャツを紹介しています。

スポンサードリンク
おすすめの記事