Ray-Banのイメージ、価格帯、年齢層、評判まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「Ray-Ban」(レイバン)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

Ray-Banのイメージ

  1. アメリカ発のサングラスブランド
  2. 様々な映画で役者が身につけたことで人気ブランドへ

①1937年アメリカで誕生。当初はアメリカ空軍のパイロット用のサングラスを製造していた。「アラビエイターモデル」が一般の人に流通しだした頃、「レイバン」という名前になりました。意味は「光線を遮断する」。

②「トップガン」、「ブルースブラザーズ」、「ティファニーで朝食を」、「卒業白書」、「イージーライダー」、「JFK」、「メン・イン・ブラック」などに度々登場し人気に火がついた。

Ray-Banの価格帯

では、何点かRay-Banの代表的なモデルを見ていきましょう。

Ray-Banの商品1

出典:zozotown

↑アビエイター クラシック ゴールド  ¥22,680(税込)

アメリカ空軍パイロット着用モデルになったアビエイター。

Ray-Banの定番中の定番で時代を超えてセレブやハリウッドスターに愛される。

Ray-Banのなかで1番視野が確保できるモデルでもある。

Ray-Banの商品2

出典:zozotown

↑ ウェイファーラー ¥22,680(税込)

アビエイターに並ぶ大定番のウェイファーラー。

1952年の発売当初から現在まで絶大な人気を誇ります。

Ray-Banの特徴として、対象の色味を正確に認識しやすいグリーンのレンズを多く採用しています。

Ray-Banの商品3

出典:zozotown

↑ クラブマスター ¥22,680(税込)

50~60年代のスタイルにインスパイアされたモデル。

レトロ感を残しながらも洗練されたデザイン。

ブラウンのフレームにゴールドの金具が都会的な印象を与える。

Ray-Banの商品4

出典:be a door

↑ オリンピアンⅡ DX ゴールド ¥38,000(税込)

細長いスクエア型が特徴の「オリンピアン」。

現在この型はあまり人気がないようでzozotownに「オリンピアン」と名のついたモデルは見つからなかった。街でもそんなに見かける形ではないが、おじさん世代ではたまに見る。

レンズのカーブがワイルドな印象を与える。

スポンサードリンク

Ray-Banの商品5

出典:清光堂

↑ プレデターⅡ ¥21,600(税込)

「メン・イン・ブラック」で有名になったモデル。

人気は大定番モデルに比べると薄く、こちらもzozotownで見つけることは出来なかった。

フラットなフレームが特徴。

Ray-Banの商品6

出典:zozotown

↑ジャジョ  ¥22,680(税込)

ラウンドシェイプが印象的なジャジョ。

女性人気も高いモデル。

Ray-Banの商品7

出典:zozotown

↑ ラウンドFOLDING¥34,560(税込)

ラウンドシェイプで都会的なデザインが特徴。

ブラックとゴールドのコントラストが高級感を感じさせる。

ここまで見てわかる通り、価格帯は高めです。

しかし、値段相応の品質とデザイン性、ブランド力がありますから1つは持っておきたいアイテムです。

Ray-Banの年齢層

20代以降の全ての世代から愛されています。もちろん10代からの人気もありますが、安くはないため手が出づらいか。

Ray-Banの評判

では、実際にRay-Banを買った人の声をみてみましょう。

全体的な評判は良好です。プレゼントとしても重宝されていますね。 

いかがでしたでしょうか。今回はRay-Banを特集いたしました。

他のブランドの記事もございますので是非ご覧ください。

スポンサードリンク
おすすめの記事