RAINSのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「RAINS」(レインズ)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

RAINSのイメージ

 

デンマークのレインウェアブランド

2012年にデンマークで誕生した新しいレインウェアブランド。日本には2014年春に上陸。瞬く間に日本でも人気が出て、セレクトショップ、サイクルショップ、ロフト等でも販売されています。

洗練されたデザイン

レインウェアのダサくてゴツゴツした感じがなく、普通にタウンユースできるモダンなデザインが人気。ブランドコンセプトは、「雨の日をより刺激的に、より美しく楽しむために」。

 

RAINSの価格帯

では、何点かアイテムを見ていきましょう。

↑レインコート ジャケット ¥15,984(税込)

細身でスタイリッシュなレインコート。通勤・通学にもピッタリなユニセックスアイテム。

ブラック、サンドベージュ(画像)、グリーン、ターコイズブルー、ブルーの5色展開。

 

↑フード レインコート ¥17,064(税込)

ロング丈のレインコートで、自転車に乗るシーンで活躍する。

ブラック(画像)、サンドベージュ、グリーンの3色展開。

 

 

↑バックパック ¥14,904(税込)

シンプルなスクエア型のバックパック。

PCやA4の収納も可能で雨の日の通勤・通学にも最適。

スポンサードリンク

↑トートバッグ ¥8,424(税込)

高い防水性を備えながらも軽量のため、アウトドアやスポーツシーンでも活躍できる。

サイズ(約):縦43cm / 横54cm / マチ12.5cm

 

↑ラップトップ バッグ ¥5,832(税込)

レインコートの技術を駆使したラップトップ。

13インチで通勤・通学に○

 

↑BUM BAG ¥9,504(税込)

マットな質感のショルダーバック。止水テープもおしゃれ。

1リットルのペットボトルも容易に入る。

 

ここまで見てわかる通り、価格帯は安くはありませんが、レインウェアは素材にこだわり技術力も必要なため、このくらいの値段になるのは普通と考えるべきでしょう。

 

RAINSの年齢層

価格帯とレインウェアとうい性質から、20代以上の幅広い範囲が購買層です。

特に20代・30代のオシャレに敏感な人、アウトドア好きの人からの人気が高いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はRAINSを特集いたしました。

他のブランドの記事もございますので是非ご覧ください。

最後に、RAINSに関する動画を置いておきますので、こちらもどうぞ!

スポンサードリンク
おすすめの記事