JUNRedのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「JUNRed」(ジュンレッド)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

JUNRedのイメージ

  1. カジュアル、キレイめ
  2. 安いのに洗練されたデザイン
  3. 若い人に人気

 

①デザインはキレイめとカジュアルなものが中心です。

 

②後でも紹介しますが、結構低価格で買えます。しかも質も値段の割に高く、コストパフォーマンス的に優れています。

 

③ブランド設立当初はユニクロのように全世代向けのアイテムを展開していくつもりでしたが、特に若年層から人気を得たため、今ではすっかり若い人のブランドという印象になりました。

 

JUNRedの価格帯

一つの基準として、「冬物チェスターコート」で価格を比べます。

JUNRedの商品1

出典:zozotown

↑JUNRedのチェスターコート¥12,960(税込)

なんと!ユニクロのチェスターコートが約¥14,000なので、ユニクロよりも安いという結果に!素晴らしい!

他のアイテムも見て見ましょう。

 

JUNRedの商品2

出典:zozotown

↑グレンチェックサイドタックスストレートパンツ¥7,452(税込)

パンツに7000円は安い買い物とは言えませんが、逆に言えばユニクロだと作っていないデザイン・アイテムなので、

「ユニクロにはないものをユニクロ並みの価格で買えるブランド」と言うことが出来るのではないでしょうか。

ちなみに同じ様なアイテムが

UNITED TOKYO→約¥18,000

ABAHOUSE→約¥15,000

Lui's→約¥14,000

これを見ると、いかにJUNRedが良心的な価格設定かがわかります。

 

JUNRedの年齢層

低価格でカジュアルめのアイテムが多いので高校生から20代後半までの人が多いです。部分的に取り入れるのであれば、30代の人が着ていてもまったく違和感ありません。

個人的オススメ アイテム

JUNRedの商品3

出典:zozotown

↑ソフトドレープチェックノーカラーシャツ¥6,372(税込)

キレイめで上品、そしてどこかモードな印象を与えることが出来るノーからシャツ。ユニクロで類似アイテムを探すのは難しいでしょう。

 

JUNRedの商品4

出典:zozotown

ストライプパネルクルーネックスウェット¥6,372(税込)

太い3色ストライプのスウェットです。1枚で着てもアウターの下に着ても映えるデザインです。こちらも、ユニクロにはない様なデザインとなっています。

 

JUNRedの商品5丁目

出典:zozotown

↑ノーカラーブルゾン¥8,532(税込)

キレイめな印象を与えるブルゾンです。タートルネックのアイテムと好相性です。(これはノーカラーなアイテム全般に言えます)

 

 

いかがでしたでしょうか。今回はJUNRedを特集しました。

他のブランドの記事もありますので、ご覧ください。

最後に、JUNRedに関するど動画を置いておきますのでこちらもどうぞ!

↑ファッションyoutuberげんじがJUNRedのオーナーニットを購入しています。

 

↑JUNRedのプレスから、ワイドパンツの紹介です。

スポンサードリンク
おすすめの記事