GGDのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「GGD」(ジージーディー)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

GGDのイメージ

  1. 主に10代〜20代向けの日本のブランド
  2. デザイン性はモードやストリート
  3. やや個性的で面白いアイテムが多い

 

①1990年に原宿に誕生した。GRANDGLOBALやHVCを運営しているメックスという会社が運営するブランドの一つ。

 

デザインはモードやストリートの雰囲気を感じさせるものが多めです。(後ほど画像付きで紹介します)

 

③そのためいわゆるどシンプルなアイテムやベーシックなコーディネートを組みたい人には向かないかもしれません。

 

GGDの価格帯

では、何点かアイテムを見ていきましょう。

GGDの商品1

出典:zozotown

↑ チェスターコート ¥17,820(税込)

伸縮性に優れシワがよりにくい綾織のチェスター。

ブラック(画像)、チェコールグレー、グレーの3色展開。

GGDの商品2

出典:zozotown

↑ オーバーサイズベロアMA-1 ¥13,824(税込)

上品な光沢が特徴のベロアMA-1。首元の丸型リブも可愛らしい印象を与える。

ダブルジップで、ブラウン(画像)、ブラックの2色展開。

GGDの商品3

出典:zozotown

↑ モールタートルネックニット ¥6,480(税込)

軽くてざっくりとした雰囲気のニット。

オーバーサイズで着ることで雰囲気を演出したい。

ダークブラウン(画像)、オフホワイト、ブラックの3色展開。

GGDの商品4

出典:zozotown

↑ピンストライプキーネックシャツ ¥6,372(税込)

レトロなキーネック(襟がなく、首元に切れ込みがあるものをいう)が特徴的なシャツ。

インナーが見えるデザインなため、よく言えばインナーで遊べるが、悪く言えばインナーにも気を使う必要がある。

ライトグレー(画像)、ホワイト、ブラックの3色展開。

GGDの商品5

出典:zozotown

↑ ワイドパンツ ¥5,400(税込)

 珍しいジャージ素材のワイドパンツ(ポリエステル95%)。
ただ、モードな感じが一番出るのはブラック。
ブルー(画像)、ブラック、ライトグレー、ダークブラウンの4色展開。

GGDの商品6

出典:zozotown

↑ ポストマンシューズ ¥9,936(税込)

やや光沢を強調したポストマンシューズ。

合成皮革なため手入れがしやすい。

光沢を抑えたタイプもある。

GGDの商品7

出典:zozotown

↑ ウォッチノルディック ¥9,180(税込)

シンプルな文字盤で様々なシーンで使える汎用性が嬉しい時計。

可愛らしい印象すらある。

ここまで見てわかる通り、モードテイストなアイテムが多く、価格はユニクロよりは高いが大手セレクトショップよりはリーズナブルです。

個人的には、GGDでトータルコーデを組むと印象が偏ってしまうので、コーデの一部に取り入れるくらいがちょうど良いと思います。

GGDの年齢層

デザイン性と価格帯そして原宿発という歴史からも、10代〜20代がメインユーザーです。

 

いかがでしたでしょうか。今回はGGDを特集いたしました。

他のブランドの記事もございますので是非ご覧ください。

スポンサードリンク
おすすめの記事