スポンサードリンク

 

今回はドキュメンタルシーズン5です。

参加者一覧

ジミー大西 1964年1/1 吉本 推定年収600万円 既婚子供あり
ケンドーコバヤシ 1972年7/14 吉本 推定年収1億7千万円 独身
たむらけんじ 1973年5/4 吉本 推定年収3億円 離婚子供1人
ハリウッドザコシショウ 1974年2/13 SMA 推定年収500万円 既婚子供2人
陣内智則 1974年2/22 吉本 推定年収4000万円 再婚子供なし
千原ジュニア 1974年3/30 吉本 推定年収1億4千万円 既婚子供1人
サバンナ高橋 1976年1/28 吉本 推定年収3000万円 独身
ロバート秋山 1978年8/15 吉本 推定年収2000万円 既婚子供1人
 かまいたち山内 1981年1/17 吉本 推定年収600万円 既婚子供なし
狩野英孝 1982年2/22 マセキ 推定年収3000万円 離婚子供なし

脱落した順番

  1. ジミー大西
  2. たむらけんじ
  3. 陣内智則、サバンナ高橋
  4. ロバート秋山
  5. ケンドーコバヤシ
  6. 狩野英孝
  7. かまいたち山内
  8. 千原ジュニア

スポンサードリンク

ジミー大西さんが一人目の犠牲者となりました。登場からボケ倒して盛り上げましたが、最後はみんなにはめられるような形で自爆。総じて面白かたと思います。

 

たむらけんじさんも要所で的確なツッコミをし、仕事をしていたと思います。せっかくハーモニカ芸をやろうとしているのにザコシが「誇張しすぎた日馬富士やっとく?」に対しての「なんで?」が個人的には面白かったです。最後は自分で仕掛けたアンダーヘアブラジリアンワックスで自爆しました。

 

陣内智則さんとサバンナ高橋さんが同時に退場となりました。陣内さんは今回、フジモンやフット後藤と同じようにツッコミ役として結構働いていたと思います。「のりか」も面白かったです。

 

サバンナ高橋さんは基本の顔がすでに笑っている感じだったのでもっと早くいなくなると思っていました。高橋さんも主にツッコミ役でしたね。

 

ロバート秋山さんは今回も非常に活躍していたと思います。梅宮Tシャツのくだり、「順序の歌」、おばさんゲストとの掛け合いも笑いました。

 

ケンドーコバヤシさんは変な笑い2つで退場になってしまいましたね。「おとなしいちんこ」、秋山が連れて来たおばさんの「私の歳」にやられました。ケンコバは今回ザコシを非常に上手く操っていた印象です。ゾンビタイムの中国風俗はそろそろ飽きましたw

 

狩野英孝さんも最高に面白かったです。個人的には陣内とのダンスで陣内のセリフを遮って踊り出したところが1番でした。序盤ジュニアにコントロールされて色々やってたのもよかったし、猿の人形を持って来たのもナイスでした。

 

かまいたち山内さんは個人的にはMVPクラスの活躍を見せたと思います。突然の足舐めは爆笑してしまいました。刺青を入れられた話も面白かったです。長谷川穂積のパンチを受けるのもビリビリアヒルを普通に耐えているのもよかったですね。

 

千原ジュニアさんは最初っから最後まで面白かったですね。手ぶらで来たように見せかけて堤下の免許証と給料明細を持って来てました。よく場を回していたと思います。本当に各くだり各くだり面白くしてくれますよね。

 

そして優勝したハリウッドザコシショウさん。おもしろかったと思います。なんかもう声量が面白かったです。どんだけデカイ声出すの?ってなりました。ザコシの声だけ割れてるのでそれだけで面白いです。ザコシはなんかはなから笑うスイッチ切ってる感ありましたよね。絶対1000万欲しい感じはビンビン伝わって来ました。

 

次回のドキュメンタルはなんと冬。そして松本の新しいプロジェクトが進行中みたいですね。

松本人志さんは当たり前ですけどめちゃくちゃ面白いと思います。手がける番組全部面白いですからね。ドキュメンタルは当たり前ですが、水曜日のダウンタウンも今テレビで1番面白いんじゃないでしょうか?

新プロジェクトには期待しかないです。

 

ドキュメンタルの各回の記事はコチラ⬇︎

ドキュメンタル 各芸人の年収と評価 シーズン1編

ドキュメンタル 各芸人の年収と評価 シーズン2編

ドキュメンタル 各芸人の年収と評価シーズン3編

ドキュメンタル 各芸人の年収と評価 シーズン4編

スポンサードリンク
おすすめの記事