Dickiesのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「Dickies」を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

Dickiesのイメージ

  1. アメリカのワークウェアブランド
  2. フェス・ライブ

 

①1922年、アメリカはテキサス州で誕生しました。世界約100ヶ国で展開され、日本法人は2011年に設立された。

 

②フェスやライブで若い人を中心にDickiesのハーフパンツが人気です。後ほど紹介します。

 

Dickiesの価格帯

では、何点かアイテムを見ていきましょう。

Dickiesの商品1

↑ 874ワークパンツ ¥5,940(税込)

Dickiesの代表作、874オリジナルワークパンツ。

丈夫で汚れにくい。カラーは10色から。

 

Dickiesの商品2

↑ セルフォンポケットワークショーツ ¥5,292(税込)

フェスやライブで人気のワークショーツ。

バンドTシャツと合わせるのが定番。カラバリは10色。

 

Dickiesの商品3

↑ サテンキルト刺繍入りリバーシブル中綿スカジャン ¥29,160(税込)

程よい光沢感で、クラシカルながらもエレガントな雰囲気が出せる。

 

Dickiesの商品5

↑ MA-1 ¥16,200(税込)

ワッシャーナイロン使用のMA-1。

ヴィンテージ感があり、ワークパンツとも好相性。

スポンサードリンク

Dickiesの商品6

↑ ロゴパーカー ¥5,400(税込)

定番アイテム。

オレンジ(画像)、ブラック、グリーン、ヘザーグレー、ネイビーの5色展開。

 

Dickiesの商品7

↑ ロゴミニショルダーバッグ ¥3,132(税込)

旅先のサブバッグとしても活躍するバッグ。

ユニセックスアイテム。

 

Dickiesの商品8

↑ BBキャップ ¥2,700(税込)

スポーティなプリインとが入ったシンプルなキャップ。

サイドにはブランドタグも。ユニセックスアイテム。

カーキ(画像)、ブラック、ネイビー、ワインの4色展開。

 

 

ここまで見てわかる通り、価格は高すぎず安すぎずな良心的な価格帯と言えます。

ワークパンツに関しては有名で、1枚は持っておきたいアイテムです。

Dickiesの年齢層

10代から40代までの幅広い層から人気があります。

 

 

いかがでしたでしょうか。今回はDickiesを特集いたしました。

他のブランドの記事もございますので是非ご覧ください。

 

最後に、Dickiesに関する動画を置いておきますので、こちらもどうぞ!

 

↑雑誌「smart」の付録のDickiesのバッグのレビュー動画です。

 

Dickiesのつなぎをワッペンでカスタマイズする動画です。

スポンサードリンク
おすすめの記事