adidas originalsのイメージ、価格帯、年齢層まとめ
スポンサードリンク

 

今回はメンズファッションブランドの「adidas originals」(アディダス オリジナルス)を特集します。

他のブランドの特集もしてますのでぜひご覧下さい。

adidas originalsのイメージ

  1. アディダスのストリートスポーツウェアブランド。
  2. スニーカー

 

①2001年に作られたアディダスのカジュアルライン。かつて使われれいた三ツ葉のマークを復刻させた。

 

②中でも人気が高いアイテムはスニーカーです。

adidas originalsの価格帯

では、何点かアイテムを見ていきましょう。

adidas originalsの商品1

出典:zozotown

↑ トラックトップ ¥12,960(税込)

ナイロン100%のトラックトップ。

東ヨーロッパのスタイルを取り入れた。

ホワイト(画像)、ブラックの2色展開。

adidas originalsの商品2

出典:zozotown

↑トラックパンツ  ¥8,629(税込)

ロングセラーアイテムだが、2017–18シーズンかなり流行ったスポーツMIXコーデに鉄板のトラックパンツ。

ブラック(画像)、グリーン、ライトブルー、レッドの4色展開。

adidas originalsの商品3

出典:zozotown

↑ スタンスミス ¥15,120(税込)

オリジナルスの代表作、スタンスミス。

季節・性別を問わず履ける汎用性も魅力。

中でもこのホワイト×グリーンが一番人気が高く、街でもよく見る。

adidas originalsの商品4

出典:zozotown

↑ キャンパス ¥10,789(税込)

こちらも定番のシリーズ。学生人気も高い。

ブラック(画像)、ライトグレー、ネイビー、ワインレッドの4色展開。

adidas originalsの商品5

出典:zozotown

↑ EQT ¥15,120(税込)

オリジナルスはローテクスニーカーが有名だが、このようなハイテクスニーカーも作っている。

アッパー部分はメッシュで通じ性抜群。かかとにはゴム製のストラップがアクセントになっている。

キレイめコーデの外しアイテムとしても優秀。

adidas originalsの商品6

出典:zozotown

↑ スーパースタースリッポン ¥9,709(税込)

こちらも2017–18シーズンに流行したモデル。

アッパー部分の伸縮性が抜群で履きやすく足にフィットしやすい。

つま先にアディダスらしさを出し、スポーティーな印象を与える。

adidas originalsの商品7

出典:zozotown

↑ ハット ¥3,780(税込)

コットン100%のバケットハット。

トレフォイル(三ツ葉のロゴ)の刺繍がアクセント。

春・夏にピッタリ。

ここまで見てわかる通り、価格帯は高くもなく安くもない標準的な価格帯と言えるでしょう。(人によっては高いと感じる方もいるかもしてませんが。)

オリジナルスのスニーカーは人気が高く、使うシーンを選びません。もし持っていないなら購入を検討する価値は大ありです。

オススメはやはりスタンスミスか。

adidas originalsの年齢層

10代〜50代まで幅広い層に人気があります、

 

 

いかがでしたでしょうか。今回はadidas originalsを特集いたしました。

他のブランドの記事もございますので是非ご覧ください。

 

最後に、adidas originalsに関する動画を置いておきますので、こちらもどうぞ!

↑オリジナルスの「NMD」というスニーカーのレビュー動画です。

↑ファッションyoutuberのげんじがスタンスミス(白スニーカー)のコーデ例を紹介します。

スポンサードリンク
おすすめの記事